哲学・思想ブログ

日々の哲学的思考や思想のアウトプットブログ。
哲学書を読んで考えてこと、哲学書ではないけど哲学的解釈ができる本について考えたこと、メディア論や日常の一コマに対する問いへの思索などを書いています。
主観的な内容なので、大学などの哲学のレポートの見本や参考にはならないのでご注意を!!笑

読書もいいけど、100分で名著もおすすめ

知ってる本は新しい視点で向き合うことができて、難しい本なら敷居を下げてくれる「100分で名著」。
「こんな入門編みたいな番組なんて見ないよ!」という方にも「100分で名著」はおすすめ。
わたしの知っている大学教授も「100分で名著」のゲスト解説者の話には収穫があったとおっしゃっていました。

一度は読みたい難解な名著が25分×4回でわかる!見逃し配信「100分で名著」

アマゾンプライムを学割で

学生ならおトク!社会人学生もOK
わたしは社会人学生ですが、学割適用でした。

\6か月体験を今すぐ始めよう/

☆★☆Prime Studentは学生限定のプログラムです☆★☆

哲学・思想ブログ

【SNSへの問い】Twitterにおける主観的正義の問題について

2021/2/22  

私たちの生活に欠かせない存在であり、もはや社会インフラのひとつのように巨大化したSNS。 今回は、そのSNSの中から、Twitter(ツイッター)における正義の問題について考えてみます。 そもそもSN ...

サガン鳥栖サポーターの在り方を考える「優しさ圧」という息苦しさ

哲学・思想ブログ

サガン鳥栖サポーターとしての「私」の在り方を考える「優しさ圧」という息苦しさ

2021/2/19  

私がサガン鳥栖を好きな理由のひとつに「サガン鳥栖サポーターの優しさ」があります。 「サガン鳥栖サポーターの優しさ」がサガン鳥栖の魅力のひとつということについてはサガン鳥栖の選手もたびたび言及しています ...

福沢諭吉と学問について考察

哲学・思想ブログ

福澤諭吉はなぜ学問を重んじたか

2021/2/8  

危機の時代の哲学 福澤諭吉といえば、『学問のすすめ』、慶應義塾大学の創立者、一万円札の人など、日本人であればほとんどの人がそのいずれかのイメージを持っているのではないでしょうか。 でも、「福澤諭吉って ...

ニーチェ『ツァラストゥトラはかく語りき』の感想〜超人としての生き方、永遠回帰(永劫回帰)を思索する

哲学・思想ブログ

ニーチェ『ツァラストゥトラ』超人としての生き方、永遠回帰を思索する

2021/2/23  

哲学初心者におすすめの本!西研『ニーチェ ツァラトゥストラ』NHK出版 ニーチェ『ツァラトゥストラ』の超入門書です。 入門書を読んでも理解できない哲学初心者、高校生、哲学を学び直したい大人にもおすすめ ...

一言で花といっても、バラ、コスモス、チューリップ、デイジー、朝顔、桜などがあり、これらはまったく形が違うのに私たちはこれらを無条件で花と判断する。

哲学・思想ブログ

プラトン『メノン』を考察「永遠なる輪廻転生の円環と想起(アナムネーシス)」

2021/2/7  

一言で花といっても、バラ、コスモス、チューリップ、デイジー、朝顔、桜などがあり、これらはまったく形が違うのに私たちはこれらを無条件で花と判断する。 プラトン『メノン』のあらすじ 20歳の青年メノンをソ ...

ハイデガーの存在論から今日的な情報化社会における病理と解放について考察「自分らしく生きるってどういう意味なんだろう」

哲学・思想ブログ

ハイデガーの存在論から「自分らしく生きるとはどういう意味なのか」ということを考察

2021/2/13  

世界像という言葉 近世に入り、自然科学が発達したことによって、それまで持っていた世界の意味が全く変わってしまった。 まず、自然についての神学的解釈や人間による意味づけが払拭化されたことにより、人間から ...

哲学的日々の問い「永劫の時の流れを包み込む海。 その波打際を漂う一粒の泡みたいね。」

哲学・思想ブログ

哲学的日々の問い「永劫の時の流れを包み込む海。 その波打際を漂う一粒の泡みたいね。」

2021/2/7  

水曜日に見た桜がびっくりするくらい散ってた。 写真のコーディネートはお気に入りのFred Perry(フレッドペリー)のワンピース。2016 A/W。 ブログに上げてるのも上げてないのも含めて。人間と ...

願わくば夢に巣食う夢魔たちよ目覚めと共に記憶ごと消してくれないか

哲学・思想ブログ

願わくば夢に巣食う夢魔たちよ目覚めと共に記憶ごと消してくれないか

2021/2/7  

悪夢はどこからやってくるんだろう。 心の浄化のためとよくいうものの、目覚めたときのあの嫌な気持ちは本当に心の底と言えるのかはとても疑わしく思われる。 心理学としてはフロイトが代償行為と位置づけるけれど ...

哲学的日々の問い「内なる世界のサウンドスケープ。永遠の相の下、日々は流れていく。」

哲学・思想ブログ

哲学的日々の問い「内なる世界のサウンドスケープ。永遠の相の下、日々は流れていく。」

2021/2/7  

本を読んで、パスタを作って、ギターを弾いて。 今日も緩やかに夜が落ちてくる。 意識は内に広がるもので外にはない。 言葉が浮かび、旋律が流れる。 意識が見えないのと同様、内の世界のサウンドスケープは自分 ...

哲学的日々の問い「夜を見失い過ぎて夢うつつ。人々は永遠の日食の空の下、隙間から覗く太陽の姿を追いかけている。」

哲学・思想ブログ

哲学的日々の問い「夜を見失い過ぎて夢うつつ。人々は永遠の日食の空の下、隙間から覗く太陽の姿を追いかけている。」

2021/2/7  

人生は、後ろ向きにしか理解できないが、前を向いてしか生きられない。 Life can only be understood backwards; but it must be lived forwar ...

© 2021 myMUSE BLOG by Reino
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
No reproduction or republication without written permission.