※当サイトは記事内にプロモーションが含む場合があります。

美容外科クリニック

そばかすを消すレーザーのおすすめクリニック!安い病院はどこ?

2022年6月2日

そばかす(雀卵斑)は遺伝によってできることが多く、幼少期からできる場合もあります。
小さなシミが鼻と左右のほほを中心に広範囲に現れます。
親にそばかすがある場合は、子どももそばかすができる可能性があります。
また、紫外線を浴びると濃くなるので、日焼け対策が重要なポイントです。

そばかすが気になる、そばかすを消したくてもセルフケアではなかなか消えない、そんなお悩みをお持ちの方におすすめなのがそばかすを消すレーザー治療です。

今回の記事では、そばかすを消すレーザーのおすすめクリニックはどこなのかを紹介します。

そばかすを消すレーザーとは

そばかすを消すレーザーとは、レーザーの光照射によるシミ・そばかすの治療のことです。
一定の間隔でそばかすにレーザーを照射します。
レーザーの光に反応したそばかす、シミは7~10日くらいは濃くなり、少し浮き出た状態になりますが、その後、薄くなっていきます。
このそばかすを消すレーザーを繰り返し照射することで、シミ・そばかすが消えていくのです。

そばかすを消すレーザー:品川美容外科

そばかすを消すレーザーのおすすめクリニックではじめに紹介するのは品川美容外科です。
品川美容外科のそばかすを消すレーザーには、フォトシルクプラス(フォトシルク)があります。

フォトシルクプラス(フォトシルク)

フォトシルクプラスはイタリアDEKA社の最新式美白治療器で、シミ・くすみ・そばかす・色素沈着の改善に効果的です。
従来のIPLと呼ばれるフォトフェイシャルよりもメラニン粒子(シミの本体)の分解機能に優れているため、従来のマシンでは治療が難しかった薄いシミにも効果を発揮します。

品川美容外科のそばかすを消すレーザーの料金

そばかすを消すレーザーの種類部位料金 / 初回料金 / 2回目以降
フォトシルクプラス(フォトシルク)ホホ下全体
(鼻・鼻下・アゴ除く)
7,990円(税込)-
フォトシルクプラス(フォトシルク)顔全体
(こめかみ除く)
8,640円(税込)13,710円(税込)

そばかすを消すレーザー:品川スキンクリニック

そばかすを消すレーザーのおすすめクリニックで次に紹介するのは品川スキンクリニックです。
品川スキンクリニックのそばかすを消すレーザーには、オーロラ(フォトRF)があります。

オーロラ(フォトRF)

オーロラ(フォトRF)は、2種類のエネルギーを同時に照射することができるため、様々な肌トラブルに対応することが可能です。
また、フォトRF(オーロラ)は、お肌への負担が少なくダウンタイムもほとんどありませんので、施術後すぐにメイクすることができます。

オーロラの長所は、光エネルギーと高周波エネルギーのツイン照射が可能なことです。
光は表皮層に働きかけ、ハリを生みやすくし、高周波は真皮層までエネルギーを届けシミやくすみを改善します。
このW効果がより高い結果をもたらします。

品川スキンクリニックのそばかすを消すレーザーの料金

そばかすを消すレーザーの種類部位施術時間料金 / 初回料金 / 2回目以降
オーロラ(フォトRF)顔全体約15分4,320(税込)8,470(税込)

そばかすを消すレーザー:湘南美容外科クリニック

そばかすを消すレーザーのおすすめクリニックで次に紹介するのは湘南美容外科クリニックです。
湘南美容外科クリニックのそばかすを消すレーザーには、フォトRFとフォトダブルがあります。

フォトRF

フォトRFはしみ、くすみ、赤ら顔、ソバカスを消したい人におすすめです。

  1. しみ、くすみ、赤ら顔、ソバカスを消したい人におすすめ
  2. 痛みが少ない
  3. 術後のダウンタイムがない
  4. 安心のアメリカFDA承認レーザー
  5. 美肌効果にアンチエイジングをプラス

フォトダブル

そばかすを消すフォトダブルとは、厚生労働省承認の最新光治療機器「ステラM22」を使用し、IPL(光エネルギー)でお顔全体の美肌・美白を目指す治療のことです。

フォトダブルのダブル照射で肌の奥から美白予防も。
皮膚表面に見えているシミだけでなく潜在シミ・薄い色素へもアプローチすることで、将来的なシミ予防も期待できます。

湘南美容外科クリニックのそばかすを消すレーザーの料金

そばかすを消すレーザーの種類部位施術時間料金 / 1回料金 / 5回
フォトRF15分9,980円(税込)44,000円(税込)
フォトダブル15分12,800(税込)54,000円(税込)
(1回あたり10,800円)

湘南美容外科クリニック

美容整形

良心的な料金設定、全国展開している駅近医院が多数の湘南美容外科クリニック。
美容整形メニューが数多く、トータルビューティーをお任せできます。

そばかすを消すレーザー:渋谷美容外科クリニック

そばかすを消すレーザーのおすすめクリニックで次に紹介するのは渋谷美容外科クリニックです。
渋谷美容外科クリニックのそばかすを消すレーザーには、フォトトリートメント(メディラックス)とヴィーナスヴェルサ(IPL)があります。

フォトトリートメント(メディラックス)

フォトトリートメント(メディラックス)は、今迄のレーザーとは異なり、様々な特性をもった光を合わせ一気に照射することができます。
そのため、シミ・そばかすなどの色素沈着はもちろん、しつこいニキビ炎症後の赤みや毛細血管による赤ら顔、毛穴の開きや小ジワまで、肌全般のダメージやトラブルへの効果が期待されます。

ヴィーナスヴェルサ(IPL)

シミ・ニキビ跡・そばかすの発生の原因は紫外線や加齢の影響だといわれています。
色素沈着が起きている場合、通常のケアで改善するのは困難です。

ヴィーナスヴェルサ(IPL)では、IPLの光エネルギーを皮膚に与えることでコラーゲンの生成を促進します。
また、シミやそばかす、赤ら顔など、それぞれの原因となる色素にダメージを与えることができます。

そばかすを消す以外にも、シミやシワ、ニキビ跡などの改善など一度に複数の症状を治療できます。
ヴィーナスヴェルサ(IPL)は、複数の肌トラブルを解消したい人には特におすすめの治療です。

渋谷美容外科クリニックのそばかすを消すレーザーの料金

そばかすを消すレーザーの種類部位施術時間料金 / 1回料金 / 3回
フォトトリートメント(メディラックス)20分顔(額除く)¥ 30,800(税込)-
フォトトリートメント(メディラックス)20分顔全体¥ 37,950(税込)¥ 32,780(税込)
ヴィーナスヴェルサ(IPL)- 分顔(額除く)¥ 10,780(税込)-
ヴィーナスヴェルサ(IPL)- 分顔全体¥ 44,000(税込)¥ 125,400(税込)

そばかすを消すレーザー:もとび美容外科クリニック

そばかすを消すレーザーのおすすめクリニックで次に紹介するのはもとび美容外科クリニックです。
もとび美容外科クリニックのそばかすを消すレーザーには、フォトシルクプラスがあります。

フォトシルクプラス

フォトシルクプラスはキセノンパルスランプを光源とし、特殊なフィルターを使用することにより500~950 nm波長域の光を照射する最新のIPL(Intense pulsed Light)治療です。
単一波長のレーザー治療とは異なり、いろいろな波長をあてることでお顔のいろいろな色に効果を出すことが可能です。
シミやくすみ・赤み・あざ・色むらやシワ・質を総合的に改善します。
その他にも、ニキビ等の赤みや毛穴の開き、産毛などに効果があります。

もとび美容外科クリニックのそばかすを消すレーザーの料金

そばかすを消すレーザーの種類部位施術時間料金 / 1回料金 / 5回
フォトシルクプラス数十分15,180円(税込)67,980円(税込)
フォトシルクプラスプレミアム數十分26,180円(税込)117,480円(税込)

もとび美容外科クリニック

医院長実績

二重整形、小顔、小鼻、若返り(しわ・たるみ等)、フェイスライン、プチ整形などに美容に関するお悩みなら、もとび美容外科クリニックへ。
公式サイトには、症例写真を多数掲載しています。

そばかすを消すレーザー:ガーデンクリニック

そばかすを消すレーザーのおすすめクリニックで次に紹介するのはガーデンクリニックです。
ガーデンクリニックでは、肌への負担や痛みを最小限に抑えられるレーザー治療が可能なピコレーザー、CUTERA社の“enLIGHTen(エンライトン)”を導入しました。

ピコレーザー

ピコレーザーは、短いパルス幅で微細なメラニン色素を粉砕することができます。
パルス幅が短ければ短いほど変熱性を起こさず、狙ったメラニン色素のみを衝撃波で破壊するため痛みやダウンタイムの低減が可能になるのです。
粉砕されたメラニンはとても細かく、マクロファージという貪食細胞がリンパ管を通して排出してくれます。

ピコレーザーについてもっと詳しく

ガーデンクリニックのそばかすを消すレーザーの料金

そばかすを消すレーザーの種類部位施術時間料金 / 1回料金 / 5回
ピコレーザー-330,000円(税込)-

そばかすを消すレーザーがおすすめな人

  1. そばかすが気になる方
  2. そばかすの予防をしたい方
  3. 薄いシミだからと諦めていた方
  4. お肌をきれいに若返らせたい方
  5. お肌のしみ・くすみを何とかしたい方
  6. 赤ら顔が気になる方
  7. お肌にハリが欲しい方

そばかすを消すレーザーを受けられない人

  1. 日光過敏症の既往歴をお持ちの方
  2. 妊娠中の方
  3. 過度に日焼けをしている方
  4. お顔に金の糸が入っている方。
  5. 1ヶ月以内にお顔にレーザー治療を受けた方
  6. その他、内服中のお薬がある場合(お薬の中には光線過敏症を引き起こすものがあるため)

このブログが気に入ったら、サポートをしてみませんか?

※クリックすると、支援のページに移動します。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

麗乃(Reino)

社会人学生として慶應義塾大学文学部を卒業。 現役の時は青山学院で英文学を、慶應では哲学を学びました。 佐賀県唐津市生まれ、東京育ちのフリーランスのブロガー・美容研究家・サメ愛好家・Webマーケター・SEOコンサル。 大好きな東京タワーのある港区のとある町で夫とカエルとサメたち暮らしています🐸🦈🗼 UK Rockをこよなく愛するバンドThe Charlene.(シャーレイン)のボーカルMiuとしての顔もあります😎 詳しいプロフィールはこちら

-美容外科クリニック